家事代行でフィリピンの外国人労働力を受け入れる理由とは

スポンサーリンク
手のアイコン

家事代行で女性が働きやすい環境を作るために国をあげて家事代行の普及に挑んでいます。連日、ニュースなどで報道されているのでご存知の方も多いと思いますが、家事代行人材が不足することを見越してフィリピンからの外国人労働力を受け入れる取り組みが国を中心に促進されています。受け入れ体制を整えている企業は、PASONA(パソナ)の家事代行、ダスキン、ポピンズ、家事代行業界のパイオニアであるベアーズです。どちらの企業も国家戦略特区である神奈川県と東京都でフィリピン人の雇用を始めています。では、なぜフィリピンの外国人労働力を受け入れる取り組みが後押しされているのでしょうか?

家事代行でフィリピン人材を受け入れる理由

まず、前提として日本では外国人の家事代行サービスの事業者認定を受けないとフィリピン人材を受け入れることができない仕組みになっています。いくら事業者がフィリピン人材を受け入れたいと思っても、家事支援の仕事を目的とした在留は認められません。しかし、認定事業者だったら国家戦略特区内でハウスキーパーとして家事代行サービスの業務に携わる目的でフィリピン人材を雇用することができます。それではフィリピン人材を受け入れる理由を順に紹介していきます。

女性の社会進出を支援

女性の社会進出を支援するためには、家事の負担を軽減する仕組みが重要となります。シンガポールやフィリピンでは、日本のように女性が自宅の家事を全てこなす、といったような文化が存在しません。自宅の家事はハウスキーパーを雇用して任せる世帯が一般的となっています。日本では家事代行を支援する仕組みがありますが、人口が多い大都市圏では需要に追いついていないのが現実的となっています。より女性の社会支援をサポートするために外国人労働力としてフィリピン人を迎え入れている実情があります。

フィリピン人はハウスキーピングのプロ

フィリピンでハウスキーピングの仕事に従事している方は、いわば家事代行のプロフェッショナルです。そのため、海外から労働力を受け入れても企業側で即戦力として、各家庭の家事代行を行ってくれるメリットがあります。そのため、フィリピン人材が受け入れられています。

家事代行業務に携わる人材の不足

少子高齢化傾向にある日本は、労働人口も年々減少しており家事代行業務に携わることができる人材の不足が挙げられます。これらの課題を解決するために海外からの労働力を受け入れています。

まとめ

いかがだったでしょうか。家事代行でフィリピン人の外国人労働力を受け入れる理由を紹介しました。初めて家事代行サービスを利用するなら業界最大手のベアーズの手厚いサービスを受けてみてはいかがでしょうか。ベアーズだったら初回限定のお得なキャンペーン価格が適用されるので割引価格で家事代行をお試しできますよ! まずは公式サイトからベアーズをチェック!

お申し込みはこちら

スポンサーリンク

かんたん検索 - 家事代行比較!