家事代行の市場規模はどれくらい?もっと利用料が安くなる?

スポンサーリンク
Macで市場規模を調査

家事代行サービスを利用する人が増えるとともに市場規模も大きくなり多種多様なニーズを持つ消費者に最適化された事業者が代行サービスを提供するようになります。働き方の多様化、女性の社会進出、テレビドラマの影響、共働き世帯の増加などが要因となり家事代行の市場規模はどんどん大きくなります。市場規模が大きくなるにつれて気になるのが利用料が安くなるのか? という視点です。私達消費者側としても市場規模の伸びを確認することにより利用料が安くなるのかを判断する力をつける必要があります。

家事代行の市場規模

考える女性
日本の家事代行の市場規模は2012年段階で980億円あります。国を挙げて外国人労働力の受け入れ体制を整備して家事支援人材の条件を規制緩和したり、神奈川県などを国家戦略特区として安価な価格で家事代行サービスを提供できるような体制を整えるように支援しています。それらの活動を通して将来的に家事代行サービスの市場規模を約6倍の6,000億円まで拡大させる動きをしています。金額が大きすぎて実感がわかないと思いますが、あなたがここで理解しておくべきことは家事代行を利用する人が増えれば増えるほど、事業者も増えて競争が発生するのでサービス品質が高まり利用料金が下がっていく期待ができる点です。

国が家事代行サービスの拡大を支援することで事業者に補助金支援などで利用者に安価に家事代行サービスを提供できる環境が整っていきます。

家事代行サービスの現状

家事代行サービスを提供している事業者は増加傾向にありますが、家事支援を利用している世帯はまだまだ少ないといえます。共働き世帯の2%しか利用していないという調査結果も存在します。国家の成長戦略の中核に女性活躍が進められていますが、世界的に見ると日本は女性がバリバリ働くことができる環境が全く整っていないといえます。家事代行を上手に生活に取り入れれば小さい子供がいる世帯でも夫婦共働きで世帯年収をアップさせて所得と消費を増加させることができます。

家事代行サービスの利用料金は安くなっていく?

家事代行サービスの市場規模が拡大すればするほど、多くの利用者がいて事業者側も運営しやすくなり安価な価格で家事代行サービスを提供できるようになります。まず、共働き世代である程度の世帯年収を確保できている家計に余裕がある層が積極的にサービスを活用することでサービスの利用が広がっていきます。CaSyベアーズ(Bears)などの大手家事代行サービスが提供する家事支援を利用してみてください!使う人が増えないと市場も大きくならずに利用料金が安くなることもありません。

外国人労働力の受け入れも始まっており、安価に家事代行を提供できる事業者も徐々に増えていきますよ!

まとめ

いかがだったでしょうか。家事代行の市場規模を紹介しました。一見すると私達消費者に関係のない情報に見えますが、市場規模や政府の施策をしっかり理解することで家事支援サービスを利用して、自身の生活の質を高めることの重要性を理解できるようになると思います。ここで紹介した情報が家事代行選びの参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

かんたん検索 - 家事代行比較!