家事代行サービスで料理を作ってもらう料理代行の料金はいくら?

スポンサーリンク
キッチンと主婦

家事代行サービスで人気がある代行メニューのひとつに料理代行があります。家族がいる専業主婦だったら毎日の献立を考えるだけでも大変です、一人暮らしの多忙な社会人も毎日料理をする時間が取れないのでまとめて作って小分け冷凍テクニックを使っているケースもあると思います。料理代行は自宅で料理をする人に役立つサービスですが、料理代行を依頼する時に気になるのが料金です。そこで今回は、当サイトで紹介している家事代行サービスで料理代行を依頼した時の料金を紹介します。

料理代行の料金は拘束時間で変わる

料理代行の料金は拘束時間で変わってきます。東京・神奈川・大阪などの大都市圏のエリアを対応地域としてサービスを提供する事業者に依頼すると、1時間あたり2,000円から4,000円の料金体系で料理代行を依頼できます。料理代行と一口にいっても色々な種類があります。原則、部屋の掃除や水回りの掃除などの家事代行と同じ料金体系と考えて良いでしょう。食材の買い出しから料理代行を依頼できるサービスが大半を占めます。

料理の仕込みや調理に時間がかかる料理を依頼するとそれだけ代行費用が高くなります。例えば、食材の買い出しや食材の仕込みなどだけ自分でやって、味付けや調理部分のみを専門の料理代行スタッフに外注するのもひとつの手段といえます。

妊娠中の女性だったら買い物代行だけでもOK

妊娠中だとつわりが起きたり身動きがとりずらくなってしまい外出がおっくうになります。旦那さんの仕事帰りに食材を買ってきてもらうのも良いですが、急な残業や勤務時間が遅かったら依頼できません。そのような時に料理に必要な食材の買い物代行のみを依頼することも可能となっています。

家事代行と料理代行を併用することも可能!

ベアーズのように自社で家事スタッフを採用してトレーニングしている会社の家事代行サービスを利用すれば、料理代行で煮物を作っている間に洗濯物の取り込みとアイロンがけを行ってもらうような家事と料理を同時進行といったような依頼方法も現実的となります。反対にクラウド家事代行のCaSyのようなサービスだと料金が格安ですが、クラウドワーカーが自宅にきて家事を行ってくれる仕組みになっているので料理と家事を同時進行できるような卓越した家事スキルを持っている人が派遣されてこない可能性があります。用途とニーズによって家事代行サービスを使い分けるような方法もおすすめです!

料理代行サービスの比較ポイント

笑顔で指差しする女性
料理代行サービスの比較ポイントを理解しておきましょう。まず、最初にあなたの自宅が家事代行サービスの対応地域に含まれているかを最初に確認しましょう。その後は、料金体系と家事代行プラン、そして家事代行の頻度と解約手続きの方法です。料金体系と家事代行プランは連動します。料理代行サービスを比較する前にあなたのライフスタイルを踏まえて1回あたりの代行に必要な時間と利用頻度を明確にしてみてください。そうすればおのずと依頼できる家事代行サービスが絞られます。後は希望するレベルのクオリティを実現できるか、だけです。おおまかに料理代行サービスの比較ポイントを挙げました。

大きく分けると、ベアーズのように代行スタッフ以外に営業担当が同行して見積もりを取ってもらうパターン、クラウド上で料理代行を依頼できるCaSyのような2つの利用パターンに分かれます。あなたの好みでチョイスしましょう! ベアーズの家事代行が気になる方は下記から申し込みを検討しましょう!

お申し込みはこちら

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。家事代行サービスで料理を作ってもらう料理代行の料金を紹介しました。通常の家事を代行してもらう時の料金体系と同じで1時間あたり2,000円から4,000円が相場となります。色々な特徴を持った事業者が家事代行サービスを提供しています。気になるサービスをチェックしましょう!

スポンサーリンク

かんたん検索 - 家事代行比較!