家事代行で起きやすいトラブルと対策方法まとめ

困った顔をする女性

家事代行の利用が拡大するにつれて様々な特徴を持った家事代行サービスが登場しています。当サイトでも10社以上の家事代行サービスの特徴などを紹介していて、今後も女性の社会進出や共働き世帯の増加で新たな家事代行サービスが生まれては消えていくと思います。今回は家事代行サービスを利用する前に気になるポイントのひとつである家事代行で起きやすいトラブルと対策方法をまとめて紹介していきます。トラブルを未然に防ぐことで家事代行サービスを不満なく続けることができますよ!

家事代行で起きやすいトラブル

家事代行で起きやすいトラブルはいくつかあります。特に注意しておきたいのが家事代行スタッフとのトラブルです。見積もりや契約内容でのトラブルは気にしなくて大丈夫です。家事代行サービスを提供する会社は大手事業者も多い上にスポット利用やスマホのように2年縛りで解約金を請求されるケースもほとんどありません。

物損事故トラブル

家事代行業務中に物損事故などで大切な物が壊れてしまうトラブルです。あらかじめ家事代行を依頼する場所に壊れてたらいけないものを置かないようにすると良いでしょう。各家事代行サービスで損害保険に加入していますが、保証できる上限が決まっている上にケースバイケースで保険対応できる内容が変わるので、大切な物は壊れないように移動しておくだけで対策できるトラブルと考えて良いでしょう。

家事代行スタッフによる盗難トラブルなどが発生する可能性はゼロではありませんが、各社、身元の確認が取れたスタッフを派遣しているのでその点は安心して良いでしょう。心配なら自宅に貴重品を置かずに必ず立ち会うようにすると良いでしょう。もし、仮にトラブルが起きても家事代行会社が間に入って対応してくれます。家政婦を雇用しているケースは当事者間の示談に発展するのでご注意ください。

期待していた家事を実施してくれなかった

こちらは家事代行以外にも頻繁に起きるトラブルです。人と人がコミュニケーションを取っている以上起きます。利用者が依頼した内容よりもクオリティが低かったときや依頼した内容が完遂されていない時に起きます。このようなケースは家事代行スタッフと依頼側の間で認識が異なっている点が大きいです。事前打ち合わせのタイミングでしっかり意思を正しく伝えることで対策可能となっています。

依頼したい内容ができなかった

クラウド家事代行サービスを利用したので事前打ち合わせなどがなく細かい確認をせずに家事代行を手配した。当然、実施できると思っていたガンコな油汚れやお風呂のガンコなカビ除去が対応できないと言われてしまった……このようなトラブルが起きる可能性も少なからずあります。事前に各社の家事代行で対応可能なメニューを確認しておきましょう。一般的に専門知識が必要な業務内容は依頼できません。専門的な知識や道具が必要な清掃などはハウスクリーニングを提供している会社に依頼するようにしましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。家事代行で起きやすいトラブルと対策方法をまとめて紹介しました。気になる家事代行サービスをじっくり吟味して比較してみてください。筆者は個人的に重視するポイントは、価格、使い勝手(オンラインで申し込める、単発スポット依頼ができる、手軽に日程変更ができる)、サービス品質、といったような優先順位となっており価格とサービスの使い勝手となります。当サイトでは家事代行を利用する前に気になる基礎知識やおすすめ家事代行サービスを紹介しています。この記事以外にもおすすめの記事がたくさんあります。色々比較してみてください!

スポンサーリンク

かんたん検索 - 家事代行比較!