家事代行を断られるケースはある?断られる4つのケース

グットポーズの女性

女性の社会進出により一人暮らしのハイキャリア独身女性でも家事代行サービスを利用できる環境が整備され始めています。家事代行支援の領域でも外国人労働者の受け入れ体制が整備されて続々と外国人の労働力が増えています。家政婦と家事代行サービスの違いは?料金体系や業務の簡単比較という記事で紹介していますが、家事代行で依頼できる業務の領域はそこまで広くないです。家政婦ほど自由度が高い業務依頼をできないデメリットもあります。そこで今回は家事代行を断られる4つのケースを紹介します。

家事代行を断られるケース

専門的な技術や道具が必要な依頼

専門的な技術や道具が必要な依頼をすると断られるケースが圧倒的に多いです。家政婦が行うような子どもの送り迎えやベビーシッターなどに始まり、ハウスクリーニングや便利屋さんが対応するような専門知識が必要なエアコン清掃や室外機の清掃、フードダクトの長年染み付いた油汚れなどが該当します。これらの代行業務は専門分野の知識が必要となるため、一般的な家事代行サービスから派遣されてくるスタッフは対応ができません。CaSyなどの家事代行サービスは、利用者も実行できるような一般的な家事業務となり水回りの清掃や室内の掃除機がけなどが主な対象となります。各代行サービスで対応可能な業務は異なってきます。

部屋が汚い

いわゆるゴミ屋敷と呼ばれるような部屋です。また、虫が大量発生していたり室内が極限まで汚いと家事代行を断られてしまいます。専門の清掃業者の出番となります。

家事代行スタッフに迷惑をかける

家事代行スタッフに嫌がらせなどの迷惑をかけると次回から自宅の家事代行を断られてしまいます。あなたのために自宅の清掃などを行ってくれているので、悪意のありなしに迷惑をかけてはいけません。スタッフも仕事で来ているので食事に誘ったりしてはいけません。家事代行で異性との出会いを求めるのもおすすめできません。

清掃用具を準備しない

会社によって異なりますが、基本的な清掃用具は家事代行を依頼する側で準備する必要があります。カビキラーなども準備しておくと良いでしょう。清掃用具を準備しないと断られるレベルまで行くケースは少ないですが、あまり良い顔はされないでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。家事代行を断られる4つのケースを紹介しました。ここで紹介した以外にも家事代行を依頼できなくなってしまうケースは存在すると思います。ひとつの参考にしていただければ幸いです。もっと多くの人が家事代行を上手に活用して自分の夢を実現できる環境が作れればと思っています。今後も家事代行比較に役立つ情報を発信していきます。

神奈川県で家事代行を利用できるサービスはたくさん存在します。日本政府が推進する成長戦略のひとつに女性の社会での活躍があります。共働き世帯も増...
スポンサーリンク

かんたん検索 - 家事代行比較!