家政婦と家事代行サービスの違いは?料金体系や業務の簡単比較

家政婦と家事代行サービスの違いは?料金体系や業務の簡単比較

テレビドラマなどで描かれる家政婦と家事代行サービスの違いを知っていますか?どちらもなんとなくイメージがつくのでふわっとした理解をしている人が大半だと思います。家政婦は一般的ではありませんが、家事代行サービスは私たちに身近なサービスになっています。ここでは、家事代行サービスを比較する時に大切な家政婦と家事代行サービスの違いを紹介します。料金体系や業務が簡単に比較できる情報も紹介します。

家政婦と家事代行サービスの違い

家政婦と家事代行サービスの違い
家政婦と家事代行サービスの一番の違いは働き方だと思います。家政婦は家事代行サービスと異なり、業務区分が幅広く自由度が高い働き方です。家政婦は個人間の業務委託契約、家事代行は事業者との契約になります。抽象的な言い方をすると業務区分があいまいで色々な仕事をお願いすることが可能です。家政婦サービスは家事代行のように一部分の仕事だけを依頼するのではなく、子育てのサポートなども行うためより家族に寄り添い向き合うサービスといえます。介護士免許がいらなくてもできる範囲の介護サービスや子どもの塾のお迎え、勉強を教えたりすることも業務範囲に当てはまります。

家政婦は24時間住み込みも可能

富裕層だったら自宅に24時間住み込みで家政婦を雇用することも可能です。24時間住み込みで自宅の管理を行ってもらうなら、業務委託契約の形態になるので外部の会社のサービスを利用するという感覚より自分でスタッフを雇用している感覚に近いと思います。

家政婦紹介所でも24時間住み込みの家政婦さんを募集することも可能です。また、富裕層向けに訓練や教育を受けたプロフェッショナル家政婦を雇用できるサービスも存在します。
家事代行ベアーズの3つの特徴とよくある口コミQ&Aをまとめて紹介しています。今すぐチェック!

料金体系の簡単比較

料金体系の簡単比較
上記で紹介した通り、家政婦と家事代行サービスの業務は自由度の高さにあるといえます。家族にしか依頼できないような自由度が高い依頼をしたいなら家政婦の業務区分となります。家政婦や家事代行サービスは1時間あたりの料金で比較するのが簡単です。ここで紹介する料金は一般的な価格となっており、会社によっては家事代行サービスなのに家政婦と同じぐらいの料金体系になっている会社も存在します。家政婦は1時間あたり、2,500円から4,000円程度(負担が大きい介護業務を依頼する場合は、通常の家事代行より2割〜3割費用がアップするケースが多いです。)
CaSy(カジー)などのような家事代行サービスは 1時間あたり2,500円から4,000円程度となっています。家政婦の方が高いイメージがしますが、一般的な家政婦紹介所の価格帯は上記の通りとなります。家政婦と家事代行サービスで大きな価格差はありません。東京で働くITエンジニアの時給単価が3,000円から5,000円前後というのを考えると妥当な料金体系といえます。

住み込み同様の状態で家政婦を雇うとなると業務委託契約の形態で雇用することも可能です。そのような場合は上記の一般的な料金体系を参考にすると良いでしょう。半住み込みとなると労働時間がかなり長くなるので、一般会社員よりも給料は高くなると考えて良いでしょう。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。家政婦と家事代行サービスの違いを紹介しました。家政婦と家事代行サービスは似て非なるものです。業務としては類似する部分も多々ありますが、依頼できる範囲や自由度に絞ると家政婦に軍配が上がります。週に1回、お風呂場とリビングの掃除を3時間ぐらい依頼したいなどのニーズは家事代行サービスがおすすめです。子どもの世話や自宅の管理を毎日お願いしたいなら家事代行サービスでは役不足といえます。プロフェッショナルなスキルを持つ家政婦に仕事を依頼するのがおすすめです。
女性の社会進出や働き方の多様化で家事代行サービスは拡大の一途を辿っています。クラウド上で家事代行を依頼できるマッチングプラットフォームもどんどん増えています。当サイトでおすすめしている家事代行サービスも検討してみてください。

家事代行サービスCaSyの運営スタートで家事代行業界も色々な事業者がサービスを提供して消費者が持つ様々なニーズに対応可能になってきました。イ...
スポンサーリンク

かんたん検索 - 家事代行比較!