大手家事代行事業者と中小家事代行事業者の違いは何?

考える像のイラスト

家事代行サービスを提供する事業者は大手と中小の事業者に2極化しています。これはクラウド家事代行サービスが出てきたことにより、家事代行の料金体系が「格安で普通のサービス品質」、「平均的な相場で教育が行き届いた高品質サービス」の2極化している点と同じ現象といえます。国が女性の社会進出の手助けの一環として家事支援をサポートする取り組みをしているので大手事業者も続々と家事代行サービスに参入してきています。そこで今回は、大手家事代行事業者と中小家事代行事業者の違いを紹介していきます!

大手家事代行事業者の特徴

大手家事代行事業者の特徴は、家事代行サービス以外にも多種多様なサービスを手掛けています。インターネットサービスが得意なDMMやリクルートなどのIT系大手事業者とパソナグループやヒューマンアカデミーなどの人材系大手事業者が存在します。前者のIT系大手事業者は、他サービスで培ったITノウハウを駆使して安価な価格帯でサービスを提供しています。かたや、人材系大手事業者は自社の人材リソースを活用して高品質で満足度が高いサービスを提供しています。大手家事代行事業者は、何らかの既存の自社の強みを活かしたサービス展開といえます。

ベアーズ(Bears)などのように家事代行に特化した事業のみを提供しているパイオニア企業も存在します。長年サービスを提供し続けているので信頼性と安心感がとても高いです。

中小家事代行事業者の特徴

中小家事代行事業者は、安価な価格設定で細かいニーズも拾っていく体制、CaSy(カジー)のようにITを活用して家事代行一点突破のサービスを提供している事業者も多いです。大手では成し得ない小回りが効く機敏さとリーズナブルな価格設定で確実にファンを捕まえていく運営体制を取っています。

大手と中小の違いはあまりない

家事代行業界は、製品の仕入などが必要ないので大手と中小で運営体制に大きな差はありません。人が中心となり提供するサービスなので大手の資金力で差をつけずらい市場となります。ただし、大手事業者は資金力が豊富なので様々な地域に展開するスピードがとても早い特徴があります。私達利用者も自身のライフスタイルに合った事業者をしっかり選別できる眼を養う必要がありますよ!

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。大手家事代行業者と中小家事代行事業者の違いを紹介しました。会社の母体によってサービス内容は変わりませんが、やはり大手事業者の方が資金力があり期間限定のお得キャンペーンや格安価格で家事代行サービスを提供することができるようになります。色々な家事代行サービスで初回限定トライアルが体験できます。お試しで安価に色々な会社のサービスを使い倒すことは目的ではありません。家事代行サービスは家事を実行するスタッフの良し悪しで変わってきます。まずは、あなたのライフスタイルに合わせた家事代行サービスでお試し利用をおすすめします。
鍵を預けて不在時に家事代行ができることを重視する方も多いです。下記で鍵預かりの対応可能な家事代行サービスを紹介しています。チェックしてみてください!

家事代行サービスは基本的に朝9時から夜20時が対応可能な時間帯となっており、早朝5時や深夜24時など極端に早かったり遅かったりする時間に依頼...
スポンサーリンク

かんたん検索 - 家事代行比較!