ハウスキーパーと家事代行の違いは?料金と役割で比較!

ハウスキーパーと家事代行の違いは?料金と役割で比較!

家事代行サービスの需要が東京都を中心に爆発的に増え続けています。それに伴い、様々な利用シーンで家事代行サービスを検討する人が増え始めています。忙しい一人暮らしの社会人で掃除などの家事に時間を使うぐらいなら安価に代行してもらって自分の時間を確保したい、結婚して新しい性を授かって今まで不自由なくできていたお風呂掃除や部屋の掃除をやるのが難しなってきたので子どもが生まれるまでの間だけ代行したい、このようなニーズも増え続けています。ここでは、ハウスキーパーと家事代行の違いを紹介します。

ハウスキーパーとは?

そもそもハウスキーパーとは?
ハウスキーパーは言葉の通り、家事全般を任されて買い物、留守番、子どもの送り迎え、食事の準備、荷物の受取り、自宅の清掃などを総合的に管理する人のことを指します。日本では家政婦にあたります。ハウスキーピングサービスも家政婦のような役割を持つ仕事をする人のことを指します。ハウスキーパーと家事代行は一見すると似ています。たしかに仕事内容として類似する部分は多々あります。しかし、ハウスキーパーと家事代行で決定的に異なるポイントがあります。

ハウスキーパーと家事代行の違いは?

ハウスキーパーと家事代行の違いは、家事全般業務の自由度の高さにあります。例えば、家事代行サービスで依頼できる範囲としては料理代行や室内の清掃に限ります。数年間放置しているようなキッチンのガンコ過ぎる油汚れやエアコン室外機の清掃などは対応してくれない会社が多いです。また、保育士さんへの挨拶などが発生する子どもの送り迎えなどにも対応してくれないケースがあります。また、半住み込み状態での長時間勤務などにも対応できないケースがあります。これらの家事代行サービスで対応できない部分がハウスキーパー(家政婦)の出番となります。

ハウスキーパーと家事代行の違いは明確に区分されていません。ハウスキーパー(家政婦)はここからここまでの業務を担当、家事代行はここまでの業務を担当、といったような形で明確に役割を分担することは難しいです。当然、家事代行サービスという宣伝をして事業を行っている会社でも家政婦が行うような育児やベビーシッター業務などを行うケースもあります。

ハウスキーパーと家事代行の料金体系は?

家政婦を雇用する時の相場と家事代行サービスの料金相場とはという記事で紹介していますが、ハウスキーパーは家政婦紹介会社に人材を紹介してもらい個人と雇用契約を結ぶ形になりますが、人が提供するサービスなので大きく料金が変わることはありません。ハウスキーパーは1時間当り2,500円から4,500円程度、家事代行サービスは1時間あたり2,000円から4,000円程度と覚えておきましょう。

家事代行でお墓の掃除代行はできる?

家事代行サービスでお墓の掃除代行がして欲しいというニーズは根強くあります。お彼岸の季節などに先祖のお参りは欠かせない大切な行事のひとつです。しかし、お墓掃除は自宅での作業でなく移動が伴うので自宅でできる家事業務からかけ離れています。もし、お墓の掃除代行を依頼したいならハウスキーパーや専門のお墓掃除代行業者を利用するのがおすすめです!

ハウスキーパーと家事代行のメリットデメリット

ハウスキーパーと家事代行のそれぞれのメリットデメリットをまとめて紹介していきます。

ハウスキーパーのメリット

ハウスキーパーのメリットは個人と雇用契約を結ぶので柔軟な対応を求めることができるようになります。また、家事代行サービスでは依頼できないようなベビーシッターやペットシッター、介護士の資格が不要な範囲でできる介護補助などの仕事も依頼できるようになります。雇用契約や毎月固定的な支払い(給料)が発生しますが、それを上回るメリットがあるといえます。

ハウスキーパーのデメリット

ハウスキーパーにもデメリットがあります。それはサービスを受けるために発生する雇用形態にあります。家事代行サービスのように代行会社のスタッフを派遣してもらう形態ではないため、雇用し続けなければいけなくなってしまいます。気が合うハウスキーパーだったら問題ありませんが、仕事に満足が行かなかったりした時に問題が発生します。ハウスキーパーのデメリットはここに限ります。

家事代行のメリット

家事代行のメリットはハウスキーパーのように継続的な仕事を依頼しなくても利用できる点にあります。家事代行サービスを提供する会社のスタッフが派遣されてくるのでスポット単発の家事代行依頼も可能となっています。また、クラウド家事代行サービスを利用すれば自宅にいながら面倒な手間抜きで、今すぐ家事代行スタッフを手配することができます。ハウスキーパーのように雇用契約や面接の手間が不要な点が大きなメリットです。また、継続的な雇用が不要となるので仕事が忙しい時期だけスポットで依頼、育児が落ち着くまで短期間で依頼といったニーズも満たすことができます。上記で紹介した通り、ハウスキーパーと家事代行では大きな料金差は発生しないので使い勝手なども大きな比較ポイントとなります。

家事代行のデメリット

家事代行のデメリットは、確実に毎回同じスタッフが来るわけではないという点です。営業スタッフと一緒に家事代行プランを作成してくれる会社にも同じことが言えますが、ハウスキーパーのように直接雇用しているワケではないので、あなたが気に入ったスタッフは家庭の事情などでその会社を辞めてしまったら家事代行を依頼できなくなってしまいます。また、クラウド家事代行サービスだと自宅に清掃などに来てくれるスタッフを選ぶことができないケースもあります。ここも大きなデメリットといえます。

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。ハウスキーパーと家事代行サービスの違いを紹介しました。女性の社会進出やインターネットを軸にした働き方改革が進んでいくと共に家事代行サービスも進化し続けていきます。ぜひ、当サイトで紹介しているサービスを比較してみてください!

家事代行ベアーズの3つの特徴とよくある口コミQ&Aをまとめて紹介しています。今すぐチェック!
スポンサーリンク

かんたん検索 - 家事代行比較!