家事代行サービスとハウスクリーニングの決定的な違いとは

スポンサーリンク
家事代行サービスとハウスクリーニングの決定的な違いとは

家事代行サービスを利用する前に知っておくべきことはいくつかあります。どの会社の代行サービスを選定するべきなのかに時間を使うべきですが、家事代行サービスで依頼できることを理解することも大切です。ここでは、ハウスクリーニング代行と家事代行サービスの違いを具体的に紹介していきます。

家事代行サービスで対応できること

家事代行サービスで対応できること
家事代行サービスで対応可能な業務は、日常的に私達が自宅で行っている清掃作業やお料理作りなどの簡単な家事業務となります。具体的には、玄関掃除・床の雑巾がけ・掃除機掛け・洗面所の水垢落とし・浴槽の水垢落とし・キッチン周りの頑固な油汚れ・洗濯・アイロンがけ・クリーニング代行・買い物代行・料理代行などが挙げられます。
産休中・育休中の女性だったら日常生活の簡単な清掃なども大きな負担になってくるので、継続的に家事代行サービスを利用するのもおすすめです。かたや、毎日朝から晩まで休みなく働き続ける高給の独身男性、30代で責任あるポジションで毎日をイキイキと働くハイキャリア女性が自分の余暇時間を確保する手段のひとつとして家事代行サービスはおすすめと言えます。

家事代行サービスで対応不可能なこと

家事代行サービスで対応不可能なことは、専門的な知識が必要な業務・身の危険が伴う作業などです。また、便利屋さんと異なるので一般的な家事業務以外の依頼はできません。原則、肩たたきやマッサージなどのソフトなお願いも依頼できません。街のリフレクソロジーを利用しましょう。

ハウスクリーニングとは

ハウスクリーニングとは
ハウスクリーニングは家事代行サービスで依頼できないエアコン清掃や室外機の清掃・フードダクトのがんこな汚れなどが該当します。専門機器や専門的な知識が必要な業務となり、長いと数時間かかるような業務内容となります。ハウスクリーニング専門業者がいるように独自のノウハウに基づいた作業となるので家事代行サービスと一線を画す内容となっています。

庭にある高枝切りや庭の造園などは剪定士や庭師と呼ばれる方が対応可能です。便利屋さんは何でも屋さんでもあるので庭師のような業務を依頼することも可能となっています。

ハウスクリーニングと家事代行の違い

ハウスクリーニングと家事代行の違いをまとめると上記の通りとなります。自分で日常的にやっている掃除・洗濯・家事は家事代行サービスで依頼できます。それ以外の専門的な業務がハウスクリーニングの領域になります。手軽に依頼できる家事代行サービスだったらCaSy(カジー)もチェックしてみてください!

家事代行サービスCaSyの運営スタートで家事代行業界も色々な事業者がサービスを提供して消費者が持つ様々なニーズに対応可能になってきました。イ...

記事始めの目次に戻る

まとめ

いかがだったでしょうか。家事代行サービスとハウスクリーニングの違いをまとめて紹介しました。それぞれにメリットデメリットがあります。賃貸住宅に住む方だったらハウスクリーニングに依頼するような業務を自分で手配することはほとんどありません。エアコンの故障なども原則、賃貸管理会社または大家さんに連絡して費用を大家さん側で負担してもらって手配するのが一般的となります。
家事代行サービスは使い方次第で安価に自分の余暇時間、資格取得勉強などの集中すべきことに時間を使えます。個人事業主やフリーランスの方が仕事に使う時間を増やすために家事代行サービスを使う方法、複数人でSOHOオフィスで仕事をする事業者が簡易的な清掃業務を週に1回利用するといったような方法もおすすめです。

家事代行ベアーズの3つの特徴とよくある口コミQ&Aをまとめて紹介しています。今すぐチェック!
スポンサーリンク

かんたん検索 - 家事代行比較!