家事代行の料金相場と依頼できる業務内容の一覧表

オフィスの女性

家事代行を検討する前に日本の家事代行の料金相場を理解する必要があります。当サイトでは地域別の家事代行事情を全都道府県別に紹介していますが、全ての都道府県の調査をした結果、地域によって大きな価格差がほとんど起きていない状態となっています。たしかに沖縄と東京で最低賃金に格差があります。しかし、賃金格差は1時間あたり数百円です。そのため、1回2時間の家事代行サービスの料金体系に価格差は起きづらい状態となっています。ここで紹介している料金相場や依頼できる業務内容の一覧は全国的に汎用性を持って確認できる内容となっています。最後に家事代行のモデルケースと料金例も合わせて紹介します。

 

家事代行の料金相場

全国的に見て家事代行の料金相場は1時間あたり2,000円から4,500円となっています。4,000円を超えるようなサービスも一部ありますが、一般的な料金相場は4,500円に収まると考えて問題ありません。前述の通り、家事代行サービスは人間が行うサービスなので日本の賃金形態に連動していくので地域によって価格差が発生しづらい状況となっています。1回2時間以上の家事代行が利用する上での必須条件としている会社が大半を占めるため、一度の家事代行で別途交通費を含めて5,000円から10,000円の間で利用できると考えて良いでしょう。

  • 1回5,000円の家事代行を週に1回利用したら、1ヶ月20,000円程度の出費が発生
  • 1回10,000円の家事代行を週に1回利用したら、1ヶ月40,000円程度の出費が発生
家事代行サービスは、1ヶ月あたりに利用する頻度が下がれば下がるほど1時間あたりの家事代行料金が下がる仕組みになっています。料金が高めに設定されている家事代行サービスでも週に複数回利用することで基本料金が下がっていきます。1回限りの単発スポット利用だと料金が高く、定期コースで複数回利用すれば安くなります。ただし、闇雲に頻度を増やせば良いワケではありません。必要な家事のみを外注(アウトソーシング)することが重要となります。

家事代行で依頼できる主な業務内容

家事代行で依頼できる主な業務内容を紹介していきます。家事代行で依頼できない業務は、エアコン清掃や室外機清掃やフードダクトのガンコ汚れ清掃などハウスクリーニング業者が行うような専門性が高い作業、高所脚立や4段以上の脚立を使用して行う清掃業務、過酷な作業を強いられる日常的ではない家事業務、介護業務などの専門性が必要な作業、危険を伴うサービス(重たい荷物の運搬など)となります。なお、保育園のお迎え代行やベビーシッター、草むしりなどに対応していない家事代行サービスも存在します。お迎え代行やベビーシッターなどの家事代行も依頼したいならベアーズがおすすめとなっています。

ベッドルームやリビングの掃除機がけやフローリング拭き掃除

ベッドルームやリビングの掃除機がけも人気が高いメニューです。床の掃除機がけやフローリングの拭き掃除だけでなく、テレビの上や普段清掃が行き届いていない部分のホコリ落としなどもセットで行うとより自宅が気持ちの良い場所になるでしょう。床のワックスがけやカーペット、絨毯清掃なども対応してくれます。

ソファカバーの洗濯や清掃、ベッドカバーの洗濯も依頼できるのでおすすめです。

浴室や水回りの清掃業務

浴室や水回りの清掃業務は、家事代行サービスの中でも5本の指に入る人気メニューとなっています。浴室や水回りの清掃を嫌がる人はとても多いです。かなり重労働な上に汚れや水垢をためてしまうと汚れを落とすのに一苦労です。そのような理由からとても人気な内容となっています。フローリングや室内の清掃は自分で簡単に行って、浴室、キッチン、水回りの清掃だけ家事代行サービスを利用する方もとても多いです。

洗濯・アイロンがけ

洋服の洗濯やアイロンがけの業務も当然代行することができます。洗濯に関しては清掃作業と並行で行うことができるので、他の家事代行業務と並行で洗濯と洗濯干しだけ依頼する方も多いです。洗濯に時間がかかるので事前に洗濯機で洗い物だけ完了させて、洗濯干しだけで依頼するような方法も時間短縮できるのでスマートな家事代行として利用できます。ソファカバー洗濯、ベッドカバー洗濯、ベッドメイキングなどにも対応してくれます。

料理代行(夕食作り、冷凍作り置き)

料理代行も同じ料金で対応してくれます。清掃だけでなく料理作りに対応してくれるのも嬉しいですね。夕方の時間帯に合わせて料理代行を依頼すれば自宅に戻ったら出来たてホカホカの料理を用意することも可能です。また、実家のお母さんが作るような和食をまとめて作ってもらって小分け冷凍で1週間分作ってもらうといったような依頼も可能となっています。料理代行は清掃業務と並行して人気があるメニューです。

別途実費となりますが、作ってもらう献立の買い出しとして買い物代行の依頼も可能となっています。家事代行サービスによって対応可能な買い物代行の範囲は異なります。原則、車での移動が必要な買い物代行は依頼できないと考えておくと良いでしょう。

靴磨き、整理収納などの業務

靴磨きや洋服の整理収納、不要になったブランド品などの買取サービスの依頼にも対応しています。ホームパーティーの準備や布団干し、宅急便の受け取り、宅配クリーニングの受け取りなどにも対応してくれます。

共働き世帯、一人暮らしの社会人共にニーズが多い、ブラウス、ワイシャツ、スーツのボタンのほつれや洋服の修繕(毛玉取りなど)も依頼することができます。ミシンを使わないボタンのほつれ直しなどって依頼する先がなくて困りますよね。家事代行で依頼できますよ!

記事始めの目次に戻る

家事代行のモデルケースと料金例

casy
クラウド家事代行のCaSy(カジー)を利用した時の家事代行のモデルケースと料金例を紹介します。CaSyは週に1回以上利用すれば1時間あたり2,190円から利用できます。週1回2時間で交通費込みで約5,000円です。毎週家事代行を行えば月額約2万円で家事をアウトソースすることができます。
例えば、一人暮らしの独身社会人でワンルーム(1k)だったら、浴室と水回り室内の掃除機がけと整理整頓を2時間で十分に行えるので、部屋をキレイに使う方だったら家事を全て2万円でアウトソーシングすることも可能となっています。また、ファミリーで2LDKなどの大きめの部屋だったら、あなたが苦手な部分の家事を全て週1回代行するのもアリです。水回りの清掃が嫌ならキッチンとお風呂場をまるごと任せてしまうなどの用途で依頼するのもおすすめですね!

共働き世帯で500万円の世帯年収があれば月額2万円、年間24万円の出費が発生しますが、年収の5%程度の支出となります。5%の支出で家事を楽にして副業で稼いだり、家族団らんの時間を確保できたり、自分時間を捻出することができます。上手に家事代行をライフスタイルに取り入れてみてはいかがでしょうか。

当サイトのおすすめ家事代行サービスのランキングをチェックしましょう! どの家事代行サービスも初回限定のお得なお試しプランを用意しています。家事代行は実際に利用することでサービス品質を確かめることができるので、どんどんお試し利用していきましょう。

おすすめランキングを見る

まとめ

いかがだったでしょうか。家事代行の料金相場と依頼できる業務内容の一覧表を紹介しました。初めて家事代行を依頼するなら信頼できる家事代行サービスを選ぶことが重要となります。当サイトで紹介している情報をチェックしてみてください!

スポンサーリンク

かんたん検索 - 家事代行比較!